2006年01月07日

仮装大賞であった「アカンやろっ」って事

今日、たまたま観ていた
「欽ちゃん&香取慎吾の第75回新!仮装大賞」
で、こんな事があったんです。

参加者の一組の、ある4才の女の子が
緊張して泣いてしまって
出演できなくなってしまいました。
もっとも
その組を飛ばして何組がやっている間に
女の子は泣き止み
無事に出演が出来たのですが・・・

それだけならまぁ、良いのですが
その女の子、昨年の「仮装大賞」にも出演予定
だったのですが
同じように、出演直前で泣き出してしまって
出演する事ができなくなった

という事があったそうで、
その「リベンジ」として今回再びチャレンジした
って事らしいんですが・・・

でも
3歳児、4歳児が「自分の意志」で
出演するとか、リベンジするとか
ある訳ないですよねー。
つまり、それは「親の意志」って事でしょう。
親の顕示欲の為に
子供をそこまで追い込むって、どうなのよ?
と思う。
この例に限らず、子供をダシにしたものが
目立つんですよね、仮装大賞って。
それが普通以上に「受けが良い」のも特徴。
その為に
こんなふうに子供を追い込んでしまう親が
出てしまうんでしょう。

前年にダメだったのに、
そういうのが苦手で難しい子供だというのに
またまた追い込んで出演させる、という。

なんとなく「美談仕立て」にしていましたけど
この親は、責められるべきじゃないの?
と思ってしまいました。


###
今回の出演の中では
逆立ち男のヤツが群を抜いて良かったですね。
逆立ち男やった人が、とにかく上手かった。
優勝のヤツも良く出来てましたけどねー。
posted by めたか at 22:27| Comment(5) | TrackBack(1) | テレビ・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
というか、欽ちゃんの
「こんな小さい子供が頑張ってんだから点数上げてよ〜〜」
が古典芸能のようにお約束化してる時点でどうかと思います。
Posted by Scott at 2006年01月08日 00:10
コメントありがとうございます。
確かにそーですねー。
でも、その子供が喜んでやってるなら
まだ良いと思うんですよ。
泣き出してるのに、まだやらそうとするか
って事で、あまりに目に余ると思ったので。
Posted by めたか at 2006年01月10日 20:40
めたかさん!!そぅ言ぅ事言ぅのゃめてもらぇます??女の子だって頑張ってゃってぃるんだからさ( ̄^ ̄)女の子が可哀相。。親の意志ぢゃなくて自分の意志かもしれなぃぢゃん!!3歳児4歳児の子だって自分の意志ぐらぃ言ぇますょ!!慎吾達だって受け止めてぃるんだし""ィィぢゃん!!ってか泣ぃたのゎ緊張して泣ぃたんですょ""親の意志かどぅか本人に聞ぃてみればどぅですか!?それを確かめてカラ言ってくれません??
Posted by 慎吾ダィスキ♪♪ at 2006年02月18日 21:36
最近の仮想大賞は不合格→子ども泣く→合格()だからつまらないですよね(笑)
Posted by しゃちく at 2013年01月13日 20:38
え? これが優勝なの っていうような、ただ子供が出てるだけの作品も多いですね
親が目立ちたがりで、あわよくば賞金がもらえたらラッキーって感じなんでしょう
Posted by 同意 at 2014年05月14日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「欽ちゃんの仮装大賞」
Excerpt: 毎年恒例の「欽ちゃんの仮装大賞」が昨日放送されました。 面白かったとする一方で、あるギモンを投げかけている方もおられるようです。 関連するブログ記事を集めてみましたので読み比べてみて下さい。
Weblog: 今日の芸能ネタ
Tracked: 2006-01-08 07:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。