2006年01月11日

ABCお笑い新人グランプリの感想を簡単に

一応、録画して観たんで簡単に感想を。
全組は書かないですが、
気になった組だけ。
(だってビタミンSとか書きようないし・・・)

発見だったのは、
いがわゆり蚊と日刊ナンセンス。

いがわゆり蚊は、もう、とにかく変!
ネタの重層度という点では単調だったと
言えるかもしれないですが、
「中国人留学生?」の悲しい世界を
シュールに描き切っていました。

日刊ナンセンスは
「ショートコント」の評価というのを
ネタに組み込みながら遊ぶ、という
「メタ・ネタ」なんですが
良く出来ていましたね。
肝心のショートコントの方も
「缶蹴り」のように上手く伏線を張って
爆笑を取ったモノもあったし、
だんだん「どんな評価になるのかな」ってのが
楽しみになってくる、という
2重のお楽しみみたいなお得感もありましたね。

知ってるコンビで
期待以上だったのは
田中上坂とにのうらご。

田中上坂は、面白いのは知ってましたが
それが上手くハマっていましたね。
一番大きな笑いと取っていました。
ツッコミの甲高い声の人に注目が集まりがちですが
ボケの人の雰囲気がミソだと思う。
この2人の雰囲気だけで面白い、という今の味を
無くさないように進んで欲しいです。

にのうらごは、去年も出てたコンビですね。
去年指摘された「3人目の使い方」って課題が
ちゃんと克服されていましたね。
面白かった。
「人間目覚まし時計」かつ「お兄ちゃん」
そのひっくり返しも面白かったし
単純に顔を赤くしながら叫び続けるのも面白かった。

期待はずれだったのはスーパーZとネゴシックス。
どちらも、去年の方が面白かった。
ネゴは単純に、ネタがイマイチだったと思う、
被せていけなかったですねー。
特別賞は去年あげるべきだったのでは?
スーパーZは、何がダメだったんだろう?
このネタ観た事あったけど
もっと面白かったハズなのにねー!

優勝したとろサーモンは、
まぁこんなもんでしょう。
個人的には田中上坂、日刊ナンセンスの方が面白かった。
その2組とにのうらごで最終決戦、
特別賞はいがわゆり蚊、だったなぁ。
posted by めたか at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11559743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。