2006年01月11日

日本でも「論文捏造疑惑」はあったんですが

韓国の黄教授による論文捏造が
大きく報道されています。
テレビのニュースでも大きく取り上げられてるので
ご存知な方が多いでしょう。

ES細胞:ねつ造 審査論文検証なく

正月に帰省した際、私の親でさえ
この事件の事を知っていて、
「韓国の科学はけしからんなぁ」
みたいなニュアンスで捉えていたので
この件を書こうと思いました。
(親はこれから書く件は
 全く知らなかったらしいです。)


実は、日本でも
昨年、大きな「論文捏造疑惑」が2件あったんです。

1つ目は、大阪大学の研究室が、
ある遺伝子のノックアウトマウス
(その遺伝子をなくしたマウス)を
作成できていないのに、作成したとして
論文を出した、という問題です。
そんなマウスは無い事が判明したため
この研究室は論文を取り下げました。
この事は、新聞でも多少大きく取り上げられたので
ご存知の方はおられるかもしれません。

(また、この件では、
 「偽造」をした学生が研究費を研究室に
 寄付をしていた、という別の倫理問題も
 ありました。)

もう1つは、東京大学・産業技術総合研究所の
研究室で起こった疑惑です。
この件は、簡単に説明するのが難しいので
詳しく調べてるこちらの記事を紹介。
東大RNAi研究者の論文捏造事件に関して

要するに
日本でも、実験データを捏造して論文を発表し
「華々しい研究成果」を出していたところは
あった訳ですね。
ま、スケールは全く違いますけども。

だから、
韓国の方での「捏造事件」だけを
こんなに大きく報道して
「韓国はダメだなぁ」みたいな雰囲気を垂れ流すのは
どうかと思う。
この事件は他山の石とすべき事で、
しかも日本でも似たようなニュースがあったのだから。

加えて
日本の方では、ちゃんと「真相解明」が
進んでいるか?
関係者が処罰されたり再発防止に取り組んでるか?
というと
疑問があったりする訳で。
例えば
後者の件では、所属する産総研では
昨年の9月14日に「予備調査」が開始され
12月2日にその結果が出て、
それを踏まえて改めて、
外部の人間を含めた「調査委員会を設置」という
スピードな訳で・・・
これじゃぁ、正式な結果が出る頃には
すっかり風化してしまって
処分や再発防止策も形式的なモノに
なっちゃわないかなぁ?
(東大ではどうなってるかは知らない。
 RNA学会はかなり早く動いて
 学会のトップページの目立つ所に
 声明のリンクを載せています。
 RNA学会は、やる事やってますね。)


自分たちの手で、速やかに真相を解明し、
関係者を処罰して、効果的な再発防止策をとらない限り
「日本の科学」の信用も失われてしまいます。
韓国の件は、
全く、他人事でも笑い話でもないのです。


###
あと、これらの論文を掲載した
ジャーナル(雑誌)の審査の信用性も
問題になると思います。
ピア・レビュー・システム」の有効性が
問われる事になるのかもしれないですね。
(特に、黄教授の件でのサイエンス誌の姿勢は
 批判を受けていますね。)
なんでも、アメリカの研究費の機関では、
そこの研究費を受けて研究した結果については
ウェブで公開する事を求めている、
という話を聞いた事があります。
そうやって、より広く公開する事によって
より「厳しい批判」に晒されるようにしよう
という事も、あるのかもしれないですね。
posted by めたか at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったく同感です。
儒教の国・韓国で大教授を告発するのはよほど難しかったでしょう。それをひっくり返したということは、むしろ韓国が健全な体制になってきたことだと思います。
日本での捏造として、いつかの考古学者の話をあげるメディアが多いようですが、韓国の件とほぼ時を同じくして起きた科学の捏造事件を取り上げないのは、はたして単なる無知でしょうか。結構大きな記事になっていたのにそれを知る人が少なく、新たに関心も向けられない状況は、日本人の科学に対する無関心と過信の表れであって、とても心配なことだと思います。
Posted by つくし at 2006年01月12日 12:49
コメントありがとうございます。
そうですね、
韓国の件で、始め、国ぐるみで庇い始めた時は
「おいおい」とは思いましたけど
でも韓国のマスコミは頑張りましたよね。
やっぱり、韓国は問題も多いでしょうけど
基本的には「民主主義」だと思いました。
日本の方は
東大の件では、そこの教授が日本のRNA研究のドン
らしいんですよね。
そういう部分で、触れにくい、というのも
あるんじゃないかと思っています。
(と思ってたら、FACTAのブログで取り上げられましたね。
http://facta.co.jp/blog/archives/20060112000047.html
 今後の展開に期待です。)
日本のメディアって権威とかに弱いですから・・・
Posted by めたか at 2006年01月12日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。