2006年01月14日

感想系の無リンクTBより不快なトラックバック

「感想系」のブログで
何かの感想の記事をトラックバックし合う
そういう文化自体は
私は、そんな不快なモノではないと思っています。

それが「感想系」という文化の中に留まるのなら
別に良いのではないか、
そう思っているのですが。

でも、感想系のリンク無しトラックバックよりも
ずっと不愉快なトラックバックがあるんです。
それは

ニュース・時事ネタに関する記事に対して
「同じ話題」というだけで送られてくるトラックバック

です。

それが、どう不快なのか、については
前に記事を書いてるので、
興味があれば、参考にして下さい。
私は、上記記事以降に、
リンク無しトラックバックに対して
寛容ではなくなったので、
その理由が分かるんじゃないか、と思うので。


それで
どうして、私が
「感想系記事」を読まされるのは、
それほど不快ではないのに対し
時事ネタの薄ーい記事を読まされるのが不快
って思ってるのか、を書きます。

感想系の記事って
どんなに稚拙なものだったとしても
その人の「中からの言葉」なんですよね。
「○○は面白かった、でも××はつまらなかった」
みたいなものでも
その人が本当に思ってる事を書いてる訳ですから
意味があるものだと私は思える。

でも
時事ネタの薄−い記事って
その人の「中からの言葉」というより
「借り物の言葉」である場合が多いと思うんです。
記事をコピペして、
「けしからん」みたいな有り勝ちな事を
一言二言書いてる記事って
そんな感じでしょう。

機会を改めてちゃんと書きますが
ブログって、「自分の言葉を書くもの」だと
私は思うんです。
なので
「借り物の言葉」を並べてばかりいるブログを見ると
何の為にブログをやってるのだろう?
と思ってしまうのです。
posted by めたか at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[weblog]無言及トラックバックは、実は有り難い(半分ネタ)
Excerpt: 時事ネタの薄〓い記事って その人の「中からの言葉」というより 「借り物の言葉」である場合が多いと思うんです。 記事をコピペして、「けしからん」みたいな有り勝ちな事を 一言二言書いてる記事って そんな感..
Weblog: 煩悩是道場
Tracked: 2006-01-15 09:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。