2006年02月01日

クイック書評・プチクリ!―好き=才能!

クイック書評第2弾は、
何度かこのブログで触れたこの本です。

プチクリ!―好き=才能!




始めに、
あえて著者が強調してないネガティブな事を書きます。

「プチクリ」をしていくには
他に、生きていくための職業を持たないといけません。
「プチクリ」だけをやって楽しく生きていく
って事ができる訳ではなくて、
他に、
ひょっとすると本人にとっては辛いかもしれない
「生きていくための仕事」というのを
やらないとイケナイ訳です。
その「仕事」に自分の時間の大部分を取られてしまって
残りの少しの時間で「プチクリ」をする事になる
そういう事は、
まず抑えておかないとイケナイと思います。

身も蓋もない書き方をしてしまえば
『プチクリ』というのは

クリエイティブというのは
仕事にするよりも趣味でやっていく方が
お気楽で良いよ

ってだけの話だとも言えるでしょう。

しかし
著者の岡田斗司夫さんは、
「それだけの話」を
とても楽しい、輝けるものとして
描く事に成功しています。
それどころか
「才能=好きな事だ」として
誰もが「(プチ)才能」を見つけ育てる方法論を
解説もして
「表現する事」に、背中を押しているんです。

「プチクリ」というキャッチーな言葉と
付随するコンセプトを発明し
「趣味で何か作ったりする」事を
前向きな方向に一歩進めている。
また
忘れてはいけないのは
著者がこういう事を提唱できるだけの環境が
揃ってきた、という事もあるでしょう。
同人マーケットの成熟に加え
ネットの普及によって
「趣味のクリエイティブ」が「発表」できる場が
整ってきたと言えます。
ブログの隆盛なんて、その最たるモノでしょう。


他にも「アツい事」を語りたくなる本ですが、
それは過去に2つほど書いていますので、
それを紹介する事で本稿を締めます。
ブログは「メディア」である
クリエイティブは何の為に・・・
posted by めたか at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 才能=好きなこと、って『プロフェショナル』というNHK番組で茂木とかいう脳科学(?)の司会者がその方面での最近の説だって言ってました。この番組好きなんですが、めかたさんはどうですか?
Posted by at 2006年02月04日 15:54
 久しぶりです。またまたサイン忘れました。すいません。
Posted by cocoa at 2006年02月04日 15:56
コメントありがとうございます。
番組は観た事ないんですけども、
その方は、茂木健一郎さんですね。
結構な有名人です。
ブログもやっていますよ。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/
『脳とクオリア』という本は私も読みました。
Posted by めたか at 2006年02月05日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。