2006年06月28日

ドラッカーの金言・マーケティングについて

最近、ドラッカーの本を読んでいて
物凄い言葉を見つけたので
ここに紹介します。
うん、紹介だけ・・


消費者運動が企業に求めるものこそ、
まさにマーケティングである


マーケティングが長いあいだ
説かれてきたにもかかわらず
消費者運動が強力な大衆運動として
現れたということは、
結局のところマーケティングが実践されてこなかった
ということである。
消費者運動はマーケティングの恥である。


これに対して
色々と言いたい事は出てきますけど
でも
会社の経営陣みたいな人たちから
神様のように崇め奉られている人が
こういう事を言っているって事

CCCDや輸入権反対とか
プロ野球の合併反対とかを言ってきた人間として
ちょっと勇気の出る事ではありました。まる。
posted by めたか at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19678303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。