2006年07月03日

たまには詩でも・・・

紫陽花の詩

###


雨の中でも鮮やかに咲く紫陽花のように
雲の切れ間にたまに差し込む柔らかな陽のように
君が振り向く 君が微笑む 君が駆け寄ってくる
暗い部屋も湿った靴も心地よく感じる

寂しい
気付かなかった
すぐ目の前にも花が咲いてること

理想に燃えて輝く若き青春の日々
そんなのウソだった
君が教えてくれた
あの誰かの詩を胸に 歩き出すよ


雨が続くと体中から軋んだ音がする
一休みしてたまにバラして油でも注さなきゃ
こんな季節も春に浮かれて無理に背伸びをして
疲れてしまった緑たちには恵みの雨になる

切ない
知らなかった
涙がこんなにも温かいこと

心 亡くして
ずっと稲光に怯えた機械の僕だった
今は遠くで響く雷鳴に耳澄ませ
一人 夜を過ごすよ


悲しい
叫ばなかった
もう君の元には届きはしないと

振られて始めて分かる事もあるんだって
昔の歌が言う
僕が見つけたものは
心に空けられた穴ぼこ
心 亡くして
ずっと稲光に怯えた機械の僕だった
君が教えてくれた
あの誰かの詩を胸に 歩き出すよ
posted by めたか at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。