2005年09月14日

ダメ人間ですわ・・・

(この記事の概要)
書きたくないっ(怒)



###
ドラマ『がんばっていきまっしょい!
最終回、楽しみました。
特別な事は、特に起こらなかった回ですけど
でも感動しました。
うーん、こういうの、弱いなぁ、私。
あ、どうも、めたかです。


巡回先あちこちでやってる
ニュートラの適正・適職診断ってのを
私もやってみました。


結果は、コレでした。

・・・恐らく、これより悪い結果は
ないんじゃないでしょうか。
外向性・内向性とも最低レベル
向いてる職業は「発見できませんでした」
ですからね(苦笑)

しかし、詳しく見ていっても
随分な言われようです。

どんな仕事にも自信が持てないタイプ
であり
これが本来の姿であれば、
 あなたにできる仕事は非常に限られてしまいます。

ですからね・・・

特に酷いなって思ったのは

あなたは現在とても疲れているか、
自信を失っているのでしょう。

おそらく、これは本当のあなたではないでしょう。
きっと、失恋中か仕事上のトラブル、
あるいは非常にイヤなことがあった
ばかりではありませんか? 
そうならば、1週間以上時間をおいて、
もう一度このチェックをしてみてください。
きっと別の診断結果が得られるはずです。


別に、そんな事はないんですけどねぇ。
全然、普通の状態なんですけど・・・
日を変えて何度かやってみましたけど
結果は同じ、でした。
(ふざけてやってない、ですよ。
 真面目にやりました。)

回復するまでゆっくり休んでみましょう。
思い切って旅に出るのもいいでしょう。

これからの長い人生のなかの1ヵ月や2ヵ月、
ゆっくり休んでみたってバチは当たりません。
心とカラダをしっかり休めて、
もう一度社会に復帰してください。


という事で、
いきなり「長期休暇」を申しつけられてしまいました(笑)
それでゆっくりと「社会復帰を目指せ」
そういう事みたいです・・・


恋愛も、なんかほとんど「人間失格」
って感じですね。
どんな人間かよくわからないので恋にも出会えないタイプ
ってねぇ。

こだわりも慎重さもなく、
気配りもやさしさも不足しているので、
恋愛関係にまで発展しないで終わるでしょう。
もう一度、自分の個性を見直してください。

すべてがネガティヴですから、
これはあなたの環境があなたに与えた悪影響でしょう。


すごいなぁ。
ここまで酷く言われてくると
逆にすがすがしい気分になってきます。
全てがネガティブ」ってね(笑)
そうなんだ。

という事で、
どうやら私は「ダメ人間」って事のようです。
ま、ね。
そういう自覚はありますよ(笑)
(だから「ニートって他人事とは思えない
 ってのは本当なんですよ。)



・・・んで
始め、やった時は結構ショックでしたけど
でも時間がたつと、
逆に「バカヤロー」って気分になってきました。
なんで、それを書きましょう。


今までも、職業診断の類や、性格診断の類は
色々と受けてきたんですけど
こんなに酷い結果っていうのは、なかったですねぇ。
いやマジで、際立って悪いです。
そういう意味で
この診断って「大丈夫か?」って、まず思います。
(いや、他の方々の結果を見ても
 いろんな人が同じ結果になったり、とかで
 「性格診断」として欠陥が多いのではって思う。)

ただ
こういう診断ものって
「どういう事を重視して見るか」という価値観ってのが
どこかしこに現れてるものなんですが
それについては、思い当たる事があります。
そして
そういう「価値観」って観点から言うなら
私ってホントにダメダメな奴だし
逆に「良くなってたまるか」って思ってる部分すら
あるかもしれません。

例えば
このブログで散々、主張している
「現在の社会の過剰な競争社会への違和感」
って事も、その1つのような気もします。


他にもね・・・

設問の中で、覚えているものに
こんなのがあったんですよ。
「約束は必ず守るし相手にも守らせる」
それに私は「No」をクリックしたんですが・・・

私は、基本的には約束を守る人間です。
全く破った事がない、
とまでは言いませんけど
周囲には「約束を守る人」って
思ってもらってるでしょう。
だけど
「相手にも守らせる」ってのは、Noなんですよね。
まぁ、あまりにこっちに損害の大きい
「約束破り」だったなら怒りますけど、
でも、それで縁を切ってしまう、とかまではしないなぁ。
自分の中での「相手の評価」は下がりますが、
それだけですね。

だって、
世の中、約束を守らない人間って、多いよ?
それで一々、癇癪起こしたり
付き合い切ったりしていたら、
やってられないですよ。
その相手はあんまり信用できないなぁ
ってなるだけですね。
なので「No」だったんですけど・・・

これ、「Yes」の方が、評価高いんだろうなぁ。
「相手にも約束を守らせる」人間の方が
コミュニケーション能力が高い。
そういう事なんでしょう。

だけど
私自身は、そういう価値観って馴染めないな
って人間です。
そうでないと、今の日本の仕事社会では
生き抜いていけないのかもしれないですけど。

そういう意味で
私は「ダメ人間」ってのは、
そんなに違ってはいないんでしょうね。


だけど
こんな「ダメ人間」でも
ちゃんと社会の中で、やっていっていますよ
って事は、言っておこうと思います。
だから
こういう「診断」で悪い結果になるような人でも
全然、心配する必要なんてないよ
って言いたいですね。
他人に対して「社会人失格」みたいな事を
言ってくる奴らとかだって、居ます。
「あなたに合った仕事はなかなか見つからない」
とか
「周囲の人には無関心で、
 物事に論理性は少なく、
 創造力も慎重さもありません。」
とか
決めつけるように言ってくる人も、居るかもしれない。
だけど
気にする必要なんて、ないと思う。


いや
今の私は、普通に社会人としてやっていけてる、から
こういう結果だって、笑って流せるけど
「なかなか仕事が見つからない」
みたいな立場だったら
そうはいかなかっただろうと思う。
そういう意味では、この診断
もの凄く罪深い、ですよ!

普通、適職診断みたいなのって
その人の「特徴」を診断して
こういう方面に向いてるってやるもの、なのに
こんなふうに「上下」を付けるのって
珍しいですよね。
それに、「悪い結果が出た」場合の
処方箋も無い訳ですから、
悪い結果を出された人間は、
いったいどうしろって言うのでしょう?

(だからね、
 最後に小さい字でなんか書いていますけど
 わざとらしいと思いますね。
 読まない人も多いでしょうし。
 もっと下には
 「表現を変更した」ってありますね。
 前は、もっと酷い表現だったんでしょうか?)

この結果に絶望して自殺する
「職の見つからない人」とか、もし居たら
どうするんでしょうね?
いやマジで。
だって、あまりに救いのない内容ですもん。


・・・って事で
こんな診断は「診断」という意味でも
どうかって思うし
それ以上に問題も多いものだって思う。
こういう「診断」を掲げてるサイトの
「就職応援」なんて
ロクなものじゃないだろうって
私は、思うなぁ。
(いや、知らないですけどね、
 でも、根本の価値観がこういう所に現れる
 ものでしょうし・・・)


#いや、単なる「お遊び」の診断とかじゃ
#私もここまで噛み付かないですよ。
#だけど「就職支援サイト」でこんなのやるの
#問題だと思ったんで・・・
#いや、よく見ると
#「内容」の方も、なんかヤな感じですよ。
#フリーターが如何にダメかってのを
#強調するような内容、とかさ・・・
posted by めたか at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たびたびすみません、kakiです。
あまりにおかしかったので、黙って通り過ぎることができませんでした。
だって、めたかさんの診断結果は“私と同じ!”だったんですから(笑)。
そうそう、そうです。
もうこれ以下はないというくらい突き落とされました。
まじめに回答したんですけど、ここまで悪く言われるとは何がいけなかったんでしょう?
普通に社会生活を送っていますよ、私も。
別に今の環境にそんな不満もありませんし、それなりにやりがいを感じて一所懸命やっているつもりです、ハイ。
でもこれ、本当にニートの人や社会になじめずに悩んでいる人、失恋した人、就職試験に落ちた人なんかが読まれたら、きついですよね〜。
本気で落ち込んで、それこそ大変なことにならなければいいけれど…。
私はずるい人間なので、あの診断は“やらなかったこと”にしていましたが、めたかさんの記事を見て感心しました。そうです、やっぱり受け止めて意見を申すことはしないとね。
いや、面白かったです、ホント。
同じ「ダメ人間」として、また今後もお付き合いください。
Posted by kaki at 2005年09月14日 15:04
コメントありがとうございます。
私の方も「同じ人」が居て、ほっとしました(笑)

いえ、私も始めは「自虐的なネタになるな」
くらいの気持ちだったんですけど。
でもネタにする為に何度かやってるうちに
問題点に気がついてきた、んですよね。
というか
もし自分が悪い結果でなかったなら
こういう事に絶対気付かなかっただろうな
って思います。
そういう意味では、良かったかもしれないですね。
あとは
間違って、あそこで変な結果になってしまった
「辛い状況に居る人」が
ここの事を知ってくれれば、なーんてね(笑)
(いやでも、重要な指摘だって思うんですよー)
Posted by めたか at 2005年09月14日 23:24
めたかさん、こんにちは。
私の初めての診断結果も、これとまったく同じでした、笑。
「どちらかといえばyes」を多く選択したからかなあと思って、2回目はなるべく「yes」か「no」を選択したら、前回とはまるで違う結果でした。
もしかするとはっきり選択できないところを「ネガティブ」と診断されたのかも知れません。
Posted by あざらしサラダ at 2005年09月23日 11:21
あざらしサラダさん>

いえ、私の方は別に「どちらかと言えばyes」
が多くならないように意識してやりましたし
「どちらかと言えばyes」を選ぶにしても
信念を持って選ぶようにしましたよ。
それで何度もやって、同じ結果、だったんですけども。

と言いますか・・・

何度かやってると
「どう答えれば良い結果になるか」は
なんとなく分かってくるもんですよね。
なんで、
それで「より良くなるように」考えて選んでいけば
もっと、ちっとはマシな結果になったかもしれない
ですけど
私はそれを良しとはしない、考えだったんで。
というか
記事中にもあるように
この結果が「良い」という価値観は自分に相容れないし
そういう価値観を他人に押し付けるような
この「診断」には問題大いにアリ!
って立場なんですよ。マジで。

という意味で
こんな診断にネガティブな結果になっても
別に悪いとは欠片も思っていませんし
なので、この結果がネガティブな事を
「悪い」と捉えているようなアドバイスを頂いてもなぁ
って思っちゃうんですけども。
(って、記事を読んで頂ければ、
 私のそういう立場ってご理解頂けたと思うんですが。)

あ、それから
TBは消しておきましたので。
リンクも無い、同じ話題ってだけのTBでしたし
私の記事を踏まえた記事とか、
私の記事に新たな情報を加えてくれる記事とは
ちょっと思えない記事でしたので・・・
(一応、トラックバックポリシーを↓)
http://at-most-countable.seesaa.net/article/3293160.html#about_trackback
Posted by めたか at 2005年09月26日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6813672

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。