2004年06月16日

奥田民生のWHAT'S IN?のインタビューについて

さて、
さっき書いた民生さんのインタビューについて、です。

facethemusicさんの記事に、
概要はありますが。
とりあえず、ここでは民生氏の2つの発言を引用しましょう。

「そうですよ。もめてますよ。ずーっと(苦笑)。
 もちろんCCCDで理由もあるのだが・・・・・・
 CCCDも技術が進歩して、音が悪くならないようになる
 可能性も大なんですよ。
 でも、それを待ってるのかっていう。
 僕たちは犠牲になっとるんじゃないのっていう。
 そういうこと言ってるってことで俺はレコード会社の中て
 非常に目立ってしまってるんだけど、
 なんてほかの人は言わないのかなって正直思うんですよ。」

「ま、そのね、俺のスタンスとしては、
 困難にぶち当たったときに、
 それをうまくサラリとかわしたいじゃないですか。
 何か突破口を無理矢理見つけてね。
 そうやって今までやってきたわけなんで。
 だから、CCCDだったら出さないってのがイヤだから
 「サウンド・オブ・ミュージック」はDVDを出してみたりとか。
 申し訳ないけど今は実験をしているわけで・・・・・・。
 でも今回はもめてますね。」

もめてるって事ですが、その脇の発売の案内に、
DVD-Audioの方もジャケットが出ているので、
多分、出る事になったのでしょう。

え、この記事のポイントはいくつかあると思います。
まず、民生氏がCCCDはイヤだとはっきりと表明したこと。
ちゃんと
せっかく良い音が撮れている→だけどCCCDでは音が悪くなる
→だからCCCDはイヤだ
と表明している。
これは画期的な事だと思います。

あと、民生さんのスタンスとしては、
「うまくサラリとかわす」なんですが、
そのスタンスとしてせいいっぱい誠実な対応をしているなって
思いました。
できるだけ良い音を届けられるように、
しかも(ファンと約束した通り)
CCCDがイヤ、とか聞けないって人のために、
他の形式でのリリースもする、という事を
ちゃんと全うしようとしている。

ただ、そのために色々と大変なようですね。
で、
前のシングルがCCCD発売になる際に、
民生さんのファンの方々は色々とレコード会社に働きかけた
って聞いています。
私、思うんですけど、
今こそファンの方々は、
レコード会社に掛け合った方が良いのではないかって。
民生さん一人に「闘わして」はいけないと思うんです。
ファンが後押ししないと。

前に書いたように、
アーチストがこうやってちゃんと泥をかぶるケースは
非常に稀なので、
応援したいと思います。
posted by めたか at 00:53| Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
facethemusicを記載するfaceといいます。
めたかさんの『「政治アレルギー」の正体』に凄く触発されました。改めて御礼を申し上げます。ありがとうございます。
(断りなくほぼ毎日のように巻頭で取り上げたこと、失礼致しました)
奥田民生さんの記事、奥田さんがCCCDに関して話してくれたこと、そしてCCCDの上での誠実な対応、に嬉しかった反面、レコード会社とアーティストの関係が垣間見れて、現状を考えると悲しくなりました。アーティストを支えるファンが、何らかの形でサポートしないといけない、と改めて感じています。
Posted by face at 2004年06月16日 08:14
コメントありがとうございます。

こちらこそ、リンクして頂いてどうもありがとうございます。
なるべくたくさんの人に読んでもらいたかったので、
有り難かったです。

民生さんに対しては、
前の記事では、やや厳しい事を書いたのですが、
それは撤回ですね。
彼なりのスタンスの中で最大限、誠実な対応をしていると感じました。
レコード会社との関係って事は、今に始まった話ではないと思うんです。
だけど、
引いて考えると、民生さんクラスのアーチストなら
レコード会社がなくったってやっていけると思う訳で、
だから、
力関係はいつか逆転するって思うんです、
アーチストがしっかりしてさえ居てくれれば・・・
Posted by めたか at 2004年06月16日 20:49
netwindです。

僕にとってCCCDっていまいち、問題にならないなぁと
思っていたら、僕はあまり日本の音楽を買わないから
なんですね。音楽自体は好きなので、やっぱり考えなければと
めたかさんのところを見て、最近思うようになっています。

前に、今は亡きVirgin Megastore新宿店で、
Michelle Branchの『Hotel Paper』がUS盤とEU盤が
並んでおいてました。
US盤はEnhanced CDでビデオクリップ、フォトギャラリーつき
EU盤はCCCDで、ボーナストラック付き、
だったと思うのですが、US盤を買いました。CCCDを買うなんて
あんまり意味はないですが、考えなかったので、
誰がEU盤を買うんだろうと思った記憶があります。レコード会社も
ボーナストラックなど苦労もしているのかなと思いますが、
輸入盤が自由に入ってくるのが前提なんですよね、僕が、
CCCDに悩まされない理由は。
Posted by netwind at 2004年06月16日 21:12
netwindさん、いつもありがとうございます。

>音楽自体は好きなので、やっぱり考えなければと

というか、
ハードを大切にしたいなら考えた方が良いかな
って感じです。
まあ、それ以前に思想的にも「気に入らない」ってモノですけど。
(って話を、手を変え品を変え書いている、という。)

>輸入盤が自由に入ってくるのが前提なんですよね、
>僕が、CCCDに悩まされない理由は。

そういう理由で輸入権に反対している人もいっぱいいますよ。

昨日の話では、
みんな場当たり的な事しか考えてないからこうなった、
みたいな話でした。


はあ。
苦労して何とか書き上げた原稿が、
ブログ人のエラーですっかり消えてしまった。
書き直す元気、出てくれるかなぁ・・・
Posted by めたか at 2004年06月17日 00:33
めたかさん、返事を下さり本当にありがとうございます。

奥田民生氏の姿勢に凄く心打たれました。ファンの想いをきちんと汲んでいただいている、と。
きっと他のアーティストのファンも少なからずCCCD反対の声をアーティストに届けていると思います。その動きをもっと大きくしていくべきだと思いますし、同時にアーティストもきちんと自らの考えをHP等で伝えるべき、と考えます。
レコード会社がなくても、(プロモーションの不便等あるとは思うのですが)奥田氏等のクラスのアーティストならやっていける、とも思います。そういう意味では佐野元春氏の動向も注目ですね。

それと、改めて『「政治アレルギー」の正体』を自分のBlogのトップに貼らせて頂きたいと思います。もし何かありましたら、お手数で申し訳ないのですが、ご連絡いただければ、と思います。
Posted by face at 2004年06月18日 01:46
あ、どうもありがとうございます。
しかし、faceさんマメですよねー。
私が見つけた関連の記事も、必ずfaceさんトコに載っていますもん。
ホント頭下がります。

民生さんは偉いですよね。
あと、元春さんの記事もチェックしないと・・・
Posted by めたか at 2004年06月18日 21:53
民生は実はいろいろ考えている。
と思った。
何も考えずに好きなことをやっているように見えて、
ファンのことをちゃんと考えてくれている。
自分の音楽について真正面から向き合っている。
なんか、この姿勢に感動した。
素直に感動しました。
Posted by ひばり at 2004年07月13日 22:31
コメントありがとうございます。
そうですよねー、民生さん、考えていますよねー。
他のアーチストが全然(って人が多い)なのに。
実は一番、考えてるのかもしれない。
だからこそ!
民生ファンは、もっともっとサポートしていかないと
って思うんですよ。
ファンは、この記事について
レコード会社とか事務所とかに、いっぱいメールして、
「民生さんを孤立させるな」とか
「民生さんの邪魔をするな」とか
言わないと行けないと思うんです。
どうなんでしょうねー、その辺は・・・
Posted by めたか at 2004年07月14日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レーベルゲートCD(CCCD)化か?/奥田民生氏の見解 追記
Excerpt: 上記鬼束氏の移籍先が、レーベルゲートをほぼ全てのCDに推奨するレコード会社、となると、CCCD化は避けられないのでは?の危惧感を抱いてしまいます。 そのレーベル...
Weblog: facethemusic
Tracked: 2004-06-16 08:05

さすらおう
Excerpt: 今更かもしれないけど、自分は奥田民生が大好きなんです。 民生がソロデビューした時から好きだから今年で10周年です。 やる気なさそうなのにかっちょいい曲を作り か...
Weblog: あげしかよ。そうだよ。しくよろ。
Tracked: 2004-07-03 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。