2004年06月22日

ごまかしの法案のために情報操作?!

実は書きかけの記事があるんですが、
先にこっちをアップします。

出生率低下:年金改革法の成立前に把握 政府答弁書
(記事は毎日のにリンク貼っておきます、
 それが一番残るので。
 その理由は、触れないでおきましょう。)

このニュースをわざわざ、紹介したのは、
今の政府の体質ってのが、よーく現れていると思うから。
この小泉政権って、こういう事ばっか、でしょ?
本当に、誠実さのかけらもない、
国民をナメてるとしか思えない政権です。

一応、私のスタンスとしては、
何かを一方的に批判はしたくない、というのを
基本としているつもりなんです。
だけど、
誠実さの欠片もないもの、
相手をナメているものは、
本当に大嫌いでして。
そういうものに対しては、やっぱりちゃんと批判したい。
CCCDや輸入権の問題に関しても、
レコード会社の対応には、
誠意の欠片も見えない、不誠実でナメたものを感じる。
だから、しつこく取り上げているってのがあります。

はっきり言いますが、
私、民主党嫌いなんです。
まず小沢一郎が好きじゃありませんし・・・
(民主って何だかんだ言って小沢の政党、でしょ。)
だけど、
「どっちがダメ」とかじゃなしに、
今の自公連立政権のままにしておくのはダメ
ってのは、はっきり思う。

今後も、
今の政権の、酷い事があったら、
しつこく取り上げていくつもりです。
(実は前にも取り上げているけど・・・)


posted by めたか at 21:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 国際・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは確かにひどいと思います。

でも本当にひどいと分かるのは、これからですよ。
これまで、厚生労働省はつねに、出生率が
回復する、それもV字を描くように回復するという
予想で国民年金が守られると言ってきました。
で、現実はず??????と、出生率は下がり続けているのです。
今回は完全に破綻しかけているので、やっと法律を
手直ししましたが、予想は依然としてV字カーブです。
ていうか、それでないとまともな金額が出ない。。。
これは、与党の議員が言ってましたが、単年度の
問題ではないんです。意味は正反対ですが(笑)。
これからずっと、予測と現実の出生率が乖離し続ける
可能性があるのです。

要するに国民年金は破綻してるんです。
人口動態が異常な動きをしてますから。
まあ、移民を入れたりすれば話は変わりますが、
それはほかの議論を生みますしね。

根拠となるlinkを示せればいいのですが、
ちょっと見当たらなかったので、とりあえず。
Posted by netwind at 2004年06月22日 22:54
いつもありがとうございます。
ええ、もちろん、そのことは知っています。
ただ、
この記事で問題にした事って、あまりにセコすぎると思いません?
ほとんど、小学生のごまかしレベルでしょう。
(小遣いもらうまで悪い点のテスト隠していた、みたいな・・・)
こんなのをまかり通していたら、
なんだって通っちゃう、と思ったんで。

出生率の問題については、
良く言われているように、
子育てを助成するシステムについて、もっと考えるって事と、
若者の失業率も影響が大きい(職もないのに結婚なんて考えられない、でしょ。)でしょうから、
その対策を考えるべき、でしょうね。
現政権の不足している点ですが、
民主党がこの問題をちゃんとやるか、も、疑問なんだなー。

あと、
移民受け入れについても考えた方が良いでしょうね。
アメリカは移民で国の活力を維持している。
それは、ある程度は認めた方が良いって思います。
もち、他の議論ですけど。
Posted by めたか at 2004年06月22日 23:39
反社会学講座に毒されている僕として(爆)
<a href="http://mazzan.at.infoseek.co.jp/index.html" rel="nofollow">http://mazzan.at.infoseek.co.jp/index.html</a>
年金問題は人口とはやり方一つで影響を少なく出来ると思って
ますから、彼らについては極楽の加藤なみにスルーしたくなり
ますけどね(前々から理解してたことだし)。

ただ、自分の生活権、あるいは精神的安寧のために(こういう人
たちが今の民間企業で採用されんのかという意味で)社会不適格
者を擁護してしまうという人もある。
そういう意味では非現実的ですが、院政??幕政のような2元政
治がとっくに起こってもおかしくないのではと最近考えますけ
どね。
Posted by トウノ at 2004年06月22日 23:42
ご紹介いただいたページ、
面白いですね。
読み込んでしまいました。
ありがとうございます。

まあ、この問題をちゃんと議論するなら、
ちゃんとしたデータ(隠蔽はなしね)を元に定量的な議論をした方が良いと思うんですけどね。
Posted by めたか at 2004年06月24日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【出生率】 情報隠蔽の罪と罰を飛び越える
Excerpt: 以前のエントリーでも確かに指摘したことが、今回の報道によっても、明るみになったということでしょう。年金法案に対して不信感を抱いてトレースしている方ならほとんどが...
Weblog: るーつ
Tracked: 2004-06-24 23:30