2004年06月25日

プロ野球の未来を描こう!

近鉄とオリックスの合併問題について、
気にはなっていたんですが、
考えがまとまらなくて、今まで書いていませんでした。

なんか、
一リーグ制賛成とか、反対とか、
チーム数を減らそうとか、いや逆に増やすべき、
そういう話じゃ、ないだろう?
って思いがありまして。
なんか、そういう「小手先の改革」をして、
解決する話なんだろうか、って、
思っていた訳です。

要するに、
野球に、プロ野球に、何を求めるのか、
プロ野球は、私たちに何を提供するのか、
その、目指す夢みたいなのを、考えていく方が大事なんじゃないか、
そういうものさえあれば、
一リーグとか、そういう改革について考える際の
基準点みたいなのができるだろうって、思った訳です。

そう、
サッカーには、Jリーグには、そういうものが、あるんです。
「Jリーグ100年構想」ってのが。
そこでは、サッカーを通じて、日本に何を提供していこうとしているか、
どういうものを定着させようとしているのか、
そういう「夢」が、語られているんです。

野球には、そういうものがあるだろうか?
と考えると、
まず、「野球界の未来の夢」というのを描いて行く必要がある
って、
そっちこそが、本質だって、思ったんです。

でも、じゃあ、
お前はどんな未来を描くのかって事で、考えていたんですけど・・・
それを考えれば考えるほど、
「サッカーって、良くできてるなー」って思っちゃった。
私の考えた事って、
すでにサッカーではあったり、ひな形らしきものが見えていたり、
そういうものばっか、だったんですねー。
やっぱり、サッカーは
「未来」を描いてそこへ目指して行くっていう姿勢が少なくともある。
サッカーにはサッカーで、色々と問題があるんでしょうけど。

え、実はこのエントリー、
さっさと出してしまいたいので、
この辺で強引にまとめに入りますけど・・・

それで、ほぼ日のこの企画なんです。
私、今日は、
この番組を見ながら、ほぼ日のコレも聞きながら、
だらだらと更新してみようかなって思っています。
栗山さんって、
野球の未来の夢を描いてるなって、
この話を聞いて感心したんですよー。
で、
個人でもこれだけの事ができるんだから、
球団とかプロ野球の組織なら、もっとスゴい事ができるハズ、なんですよね。
そういうのを、求めて行っても良いんじゃないか?

って事を、考えて行く意味でも、
ちょっとコレは、押さえておこうかなって思っています。

この記事はこの記事で、終えてしまいますけど・・・

トウノさんのような、
ちょっと冷めてしまったファンにだって、
こういう事を語る権利は、あると思うんです。
(いや、私も実は、あるチームに対し
 「今年は応援しない宣言」とかしてるし、一緒なんですね。)
冷めてしまったファンである自分は、何を求めたいのか、
プロ野球の未来に、何を描いてほしいのか、
考えてみませんか?

(実は、この関係の色々な記事をチェックしていたんですが、
 それ、どっかにやっちゃったんだねー。
 また見つけたら・・・どうしよ?)
posted by めたか at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8573078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。