この記事へのコメント
メインテーマへの回帰、おめでとうございます。
(けっしてプロ野球の話題が嫌いなわけでは
ありませんが)

自分のblogがアクセスできずにフラストレーションを
ためてるnetwindです。

こないだ、なんとかという産婦人科の先生が
着床前診断(でいいんですよね)によって生みわけを
していて問題になったと思うのですが、あの先生の
記者会見などを見て、「こういう人は目の前にある
問題に対して、自分が正義をなしているということに
陶酔していて、社会全体で何が起こるのか考えようと
言ったところで、全く無意味なんだろうなぁ」と
暗澹たる気持ちになったのを、記憶しています。

ぜひこの問題は、めたかさんに解説してもらいたい
問題です。
Posted by netwind at 2004年07月14日 23:05
コメントありがとうございます。
そうですね、でも、解説ってのは難しいんですよ。
だって、一面からだけで良い訳じゃない、
ややこしい問題なので。

例えば、
「全体の問題」を考えてる人には逆に想像して欲しいんです、
目の前に「助けたい」患者が居るって事を。
全体の問題以前に、やっぱり、その目の前の人を助けたいって、
思うんじゃないでしょうか。
それは全然、おかしいことじゃない、と思いますし。
そういう想像をしてしまうと、
果たして「暗澹たる気持ち」になるって、どうなんだろうって・・・
(非難してるんじゃないですよ、
 そうじゃなく、色々と難しいって事で・・・)

jugem、遅いですよねー。
今日の夕方って言ったじゃん! って感じですが。
まあ、しょうがないのかな。

野球の問題は、まだまだ取り上げますよ(笑)
だって、まだまだ全然、問題は解決してないですもん!
Posted by めたか at 2004年07月14日 23:36
JUGEMを信頼してたんですが、ちょっと揺らいでいる
netwindです。。。
まあ、大変な作業で、仕方ない面があるのは、認めるんですけど。
そんなんで、人のうちで遊ばせてもらって、すみませんが。。。

> 「全体の問題」を考えてる人には逆に想像して欲しいんです、

めたかさんのおっしゃっていることは、分かっている
つもりです。僕が「全体の問題」考えても、答えを
持っているわけではないんですから。
でも、あの産婦人科の先生の目は、「正義」を確信していて
ちょっと怖い感じがしたのは確かです。

だからこそ、めたかさんの一面的でない解説を待っています。

プロ野球の話題もがんばってください。
僕も、応援してます。一応(笑)。
Posted by netwind at 2004年07月15日 01:00
そうですよねー。
私は、その産婦人科の先生の記者会見を見てないんですが、
そういう「絶対的正義」を背負ってる人って、確かに困りますねー。
ただ、
「助けるべき患者」を背負ってるという「現実」は、
やっぱり圧倒的に強い、って思うんです。
その「強い現実」の前に有効な言葉ってあるのかな?
って事は、思うんです。

netwindさんだから書いてしまいますけど、
要するに、
「そういう絶対的正義」を持ってしまう背景を見つめ、認めていかないと、
議論を前に進めて行く事は不可能じゃないかって、思うんですね。
「自分だって、そんな患者を背負ってしまうと、
 そう考えてしまうと思う」
って事を出発点にしないと、
そこへ届く言葉って見つけられないし・・・

って感じなんですが。
うーん、これ以上、掘るのは、今は勘弁して下さい(笑)

しかし、
jugem遅いですねー。移行作業は終わったけど、まだ繋げられないみたいで。
ストレス、溜まってるでしょ(笑)
Posted by めたか at 2004年07月16日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

筋ジストロフィーの人は、生まれてきてはいけない!?
Excerpt: 慶応大学から申請の出ていた着床前診断について、日本産科婦人科学会の倫理委員会は許可する決定を下したそうです。 着床前診断と言うのは、体外受精した卵子が8個くら...
Weblog: Unforgettable Days
Tracked: 2004-07-16 14:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。