2004年11月12日

自分の「売り」はなんだろう?

なんで毎日新聞がこんな記事を載せてるのだろう?
あの噂は本当なの?
って怖いよー、あんまし触れない方が良さそうだ。
めたかです。
(突然このサイトが閉鎖された場合は
 ・・・慮って下さい。)

こんなヤバい書き出しで良いんかいな・・・
って思いながらも書く訳ですが、
さっきの記事「遺伝か環境か、どっちが大事だ?」で書いた
その続きみたいな事を、書きます。

自分にとって本当に「売り」になる事って
なんだろうか?
自分にそんなものがあるんだろうか?
ずっと私は、その事を悩み、模索し続けてきました。
というのも、
身近にスゴく、才能ある人間が居ましたから。

例えば、
ちょっと面白い事を思いついたとしても、
それより何倍も面白い事を、いくらでも思いつく人間が
身近に居た訳です。
あと、ちょっとばかし弁が立って文章も書けたけど、
それよりずっと弁が立ち面白い文を書けるヤツもいた。
あと、
音楽もやりたいっての、あったんですが、
間違っても「自分が才能ある」って勘違いさせてくれない、
そんなスゴさを見せてくれる人も、居た。
あと、
勉強もそれなりには出来たけど、
自分より成績も良く頭の回転も速いのが、
どうしても比べられる存在として、居た。
だから、
思い上がった気持ちになんて、させて貰えなかった。
私はずっと、コンプレックスを持っていたんです。
その中で、
「自分が勝てるのは、何なんだろう?」
と悩み、探し続けてきた。

大学に行くと、
学問の上でも、私なんかよりずっとスゴいヤツが
掃いて捨てる程、居ました。
定義を聞いただけで難しい数学の問題を
次々と易々と解いていった友人。
難しい学術書をスラスラと読めた友人・・・
そんな連中に揉まれながら、
「自分の勝ってる所はドコだろう?
 私の持ち味となるものは、何だろう?」
ってのを、やっぱり模索し続けました。

そんな中で、
自分自身の特性というか、個性みたいなのが、
ちょっとずつ、分かっていったんです。
そして、
その「個性」の中で「売り」となりそうなのが、
いくつか見つかった。

例えば、私は
「難しい事」を理解するのは大変で時間もかかったけど、
理解できた時には、
その「難しい事」を、割と「易しい形」で捉える事ができた。
なんで、
その「難しい事」を、他人に「分かり易く」説明するのが
上手かったんですね。

つまり、
自分にはレビューアーの才があるって分かりました。
だから、
学問を分かり易く解説・説明する事は
「売り」になるんじゃないかって思いました。

という事で、
私は、自分の「学問を説明する能力」ってのを、
ずっと、丹念に磨いてきたつもりです。
それが、世間的にもそれなりのモノじゃないかな
って思わせてくれた成果が
ほぼ日でのノーベル賞の解説」です。

要するに、
一朝一夕に、これだけの事が書けるようになった訳じゃない
って事を言いたいんです。
(ちなみに、今ならこの文章、
 半分くらい書き直したいですけど・・・)
自分の「売り」とできそうなものを探し、育ててきたからこそ、
なんとか、これだけの事が書けるようになったって。

今、進路に悩んでいる
学生さんとかにとって、大事なのは
こういう事なんじゃないかなって、思いました。


###
しかし、
神屋さんも色々と模索してるんですねー。
だから、
こちらの記事に書かれている

>最終的に自分の中に「何の才能、能力」があるか?
>どうやってそれを引き伸ばしていくか?
>どうやって他人と違う部分を作れるか?
>どんな自分になりたいか・
>そのための努力はどんなものか?
>欠点と上手に付き合えるか?

私も、それをずっと模索してきたし、
多分これからも模索し続けるんだと思っています。
お互い、頑張りましょうねー!
posted by めたか at 01:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日新聞の記事のことでコメント。私ん家は(メジャーなのにマイナーな)毎日新聞とってるんです。時々、創価学会系(大川隆法氏著作、雑誌第三文明などなど)広告出稿がドカンと出るので気にはなってました。
まあ、どの新聞社も広告先を厳格に選ぶ余裕なんてないでしょうけど。でもまさか、記事まで書いちゃってたとはね、私は気付きませんでしたが、紙面でもあったんでしょうか。
そう言えば紙面で、最近国会の法案問題などで、よく「公明党も賛成」とか小見出し書いてますね。
毎日新聞社の経営状態が思わしくないという噂は以前からありますが、何か関係があるのでしょうかね(!)。
個人的には、読売や朝日よりも毎日新聞好きなんで、これからも読みはしますけど。
Posted by 一突。 at 2004年11月14日 21:15
コメントありがとうございます。
うーん、と・・・
この話については、噂レベルではいっぱいあるんですけど
興味がおありなら、色々と検索してみて下さいね。
ここでは・・・申し訳ありませんが、スルーさせて下さいm(_._)m
Posted by めたか at 2004年11月14日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「他者との比較と自分自身」
Excerpt: 記事を引用させていただき「他者との比較と自分自身」を書きました。
Weblog: 心に流れる文章
Tracked: 2004-11-12 21:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。