2004年11月15日

収益を得る新しい方法を考える必要性

他人が自分と同じ事を思いついたからって
勝手に「パクリ」って思うのは
自意識過剰でカッコ悪いものだなぁって思うめたかです。
(単にご自身の発想が陳腐なだけって可能性は
 考慮されないんでしょう・・・)

しかし、
サーヤも結婚ですかぁ。
これで結婚ブームが起こって少子化に歯止めが・・・
って事はないか。
あと、dawnさんにTB頂いた話ですが、
ライブドアも大変ですねー。
新しいブログ、ライブドアを外して考えて良かったぁ。
私のとってライブドアは、
「球界は改革して欲しいとは思うけど、
 自分のブログを開設しようとは思わない存在」
ってのが正直な評価でした。
ま、彼らの行動に対する普通の態度でしょ、これが(笑)


で、
朝に書いた
「著作権」は魔法の言葉』に追記しようと思った話、
もうちょっとネタができたので、
独立して記事にします。

このCMカットを禁止しようって考えですが、
合わせて読んでもらいたいのが、
音楽配信メモの津田さんのコレ。
【特集:私的複製はどこへいく?】対談 小寺信良×津田大介

特にこの対談の最後が
テレビの話になっていて、
この問題と深く関連してるんじゃないかって思います。
ポイントは
「リアルタイム視聴がなくなっていく」
って点ですね。
これについては、巨人戦の視聴率問題にも絡んでるそうですから、
野球ファンも読んどけっ!
って話だと思います。
(というのは、
 「巨人戦以外のソフト価値は上がってる」
 と言う野球ファンの意見は
 ちょっと楽天的過ぎるかもしれないって話なので・・・)

例えば、
これからのテレビについてほぼ日でも特集してましたが、
そういう「ソフト作成の面」とは別の点で、
問題があるんじゃないかって話で。
つまり、
「どうやって収益を作り出すか」
って仕組みの問題だから、です。

これについては、
テレビ界は真剣に考えないといけないんだな
ってだけの話なら、追記で済ましたんですが、
もう一つ、関連話題がありまして・・・

ゴーログの[BLOG of the Week] が、
楽天の球界参入の宣伝効果を計算する」って話でして。
この、計算方法の妥当性うんぬん以前に、
ちょっと考え方自体が古いんじゃないかって思うんです。
というのは・・・

販促費と宣伝広告費

広瀬さんのブログのネタなんですが、
つまり、
「単純にどれだけ放映すればいくら分」
って考え方自体が、もう古いんじゃないかって。
この辺り、リンク先を良く読んで欲しいんですが・・・

単純に「テレビでどれだけ放映したらどれくらい」
みたいな、
「視聴率」を単位にお金が動く時代では、
もうなくなっていくんだろうなぁ、
その中で、
「コンテンツの価値」はどうなるか?
その「価値」と、「経済上の価値」はどのように結びつけられるか・・・

とにかく、
新しい枠組みを考えていかないとイケナイのは、
間違いないんだと思います。
「著作権で既得権を守って」
とやっても、何の意味もない時代が、
もう目の前に来てるんですよねー。
それを分かってないと、
とんでもないピエロを演じる事になってしまう、という好例が、
朝に書いた話だって事です。
posted by めたか at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8573380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。