2005年02月04日

[at]前時代的花粉症対策戦略大綱

悪霊退散!
悪霊退散!
花粉症退散!
鬼は外!
鬼は外!
花粉はぁ外!
あ、めたかです。
花粉症、辛いです。
油断してると悲しくもないのに涙が出てくる、
その事に悲しくなります。
あぁ、この悲しみと涙の逆転現象!
なんとかして下さい(泣)

と、まぁ言っていても仕方がないので、
花粉症対策を。
実は、この2年ほど花粉症の症状って
殆ど出てなかったんですよね。
でも、それって花粉の量が少なかった事も大きかったようで。
それなのに、だんだん花粉症って自覚がなくなってきて、
だんだんと乱れた生活に・・・
なんで、引き締めます!

私の花粉症対策は、全く前時代的なモノでして。
要するに「食生活の西洋化が花粉症の遠因」という考えで、
食生活による徹底した体質改善こそが
遠回りの用で近道って対策です。
これで、3年前から効果が出始めてきて、
この2年くらいは症状が出てなかったんですよね・・・
(しかし、その「対策」が甘くなってきて)
なんで、
花粉症の季節が終わるまでは、次の「禁」を掲げます!

禁・コーヒー!
禁・肉!
禁・夜更かし!

最後のは「食生活」ではないんですけど、
まぁ、乱れた生活も体質を悪くするって考えもあって。
(夜食とかも食べてしまうしね・・・)
とにかくね、
胃腸に優しい食生活をするのが最も重要で
(だからヨーグルトが最も有名な対策なのね・・・)
だから、まずコーヒーを絶とう、と。
(コーヒー、大好きなんですけど(涙))
あと、
日本人は、昔は肉なんて食べなかったんですよ。
なんで、日本人の胃腸って肉を消化するのに向いてない
って考えから、
「極力肉を食べない」ってのが、
私の花粉症対策の「基本」でして、
(魚・魚介類を食べるのが元々の日本人)
それが最近、すっかり甘くなっちゃってたんですよねー。
だから、
再びそれを徹底、と。

この上で、控えるものとしては

・甘いものを控える
・脂っこいものを控える
・感情的に怒る

で、
・早寝早起き
・腹7分目
・心静かに平静を過ごす

というのを心がけていきたいと思います。

甘いものを、どうしても食べたくなったら、
蜂蜜で。
脂っこいものだけでなく、タンパク質も少なめにして
炭水化物と野菜中心の食事を、食べ過ぎずに。
(食べ過ぎると胃腸に負担がかかっちゃいますから)
そして、
感情に突き動かされるのも、胃には良くないですから。
なんで、
あんまし怒らないように・・・

なんか、修行僧みたいな生活になるなぁ。
でも、花粉症を退治するには、これくらいしなきゃぁ!
とにかく、
この「対策」で、一時は症状を収めたんですから。

ということで、
今日は私の「前時代的な花粉症対策」を紹介しました。
これ、効果あるのかなぁ?
でも、健康には良さそうですよねー?


posted by めたか at 07:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
花粉症、嫌だ嫌だ。私も既に鼻の調子が悪いし、涙目だし、弱っています。
でも、それで好きな物を食べたり飲んだり出来ないなんて、理不尽じゃないですか。
これは戦後の国の植林政策の失敗、まさに公害だし、植林業者にも打撃を与えた。皆で公害訴訟を起こしましょう。なんて毎年、ぶつぶつ言うだけ(笑)。そろそろマスクをしなくちゃ。
では、at-most-countableさんも頑張って下さい。dawnより
Posted by dawn at 2005年02月04日 11:26
小島愛一郎です。めたかさん、過日は体調崩している時のコメントありがとうございました。
どうも昨今の記事を見ていると、めたかさんも体調崩しておられるようで、余計にありがたく存じます。

さて、残念ながら私、花粉症では無いので、何とも体感できず、何もお伝えできないのですが、お互い「夜更かし」は、やめておきたいと思います。

私も夜更かしが原因で、倒れましたので。
では。
Posted by 小島愛一郎 at 2005年02月04日 21:04
こちらでは初めまして。mikioです。
これからの時期、花粉症の方は大変ですよね。めたかさんが、辛い季節を乗り切れるよう応援しています。

「前時代的な花粉症対策」、良いですね。
今、僕は軽い風邪を引いているのですが、風邪の予防にも効果がありそうです(日頃からちゃんと体調管理しておけば良かった、と後悔することしきりです)。
Posted by mikio at 2005年02月04日 23:13
コメントありがとうございます。

dawn さん>
dawn さんも花粉症なんですね。お互い大変ですね。
でも私、昨日の昼くらいから症状が収まっています。
やっぱり前時代的花粉症対策が効果出てきてるんですかねぇ。

確かに私も「杉林を全て切り尽くしたい」とか
思った事、あります。
ただ、杉がなくても檜とか稲とかブタクサとか、
他での花粉症になってる人もいっぱいいますし、
なんで、
「花粉症になりやすくなってしまった体質」を改善しない限り
根本的な体質にならないのではないか、というのが
今の私の考え方なんです。
確かに「食べたいものが食べれない」のは辛いですけど。
(ある友人は「肉が食べれないのなら花粉症のままで良い」
 と言っていました・・・)
私は『食べたいモノ』を変えちゃおうかな
昔の日本人の食事にも美味しいモノはいっぱいあるし・・・
って考えています。

小島さん>
まぁ、私の場合は体調を壊してるのではなく
単に花粉症が発症しただけ、なんですけどね。
これはもう、ずっと付き合って行かないと
イケナイものですので。
夜更かしは、ホントに辞めました。
昨日は金八後、ネットが重かったので、
さっさと寝てしまいました。
朝の方がネットは軽いですしねー。

mikioさん>
花粉症、大変ですよー。
「前時代的花粉症対策」は、今までの日本の近代化
への反省って意味合いも、あるんですよねー。
西洋化の全てが悪い訳じゃないのですが、
何か必要なものを見失ってしまったのかもしれないって。
これからの日本は、
それが何かを模索する時代に入ったのではないか、
って思っています。
でも
風邪には安静が一番必要ですよ!
お大事に。
Posted by めたか at 2005年02月05日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック