2005年05月03日

もっと大きい自分になろう

スミマセン、急に思い立って
一昨日・昨日と四国香川に行っていました。
明日からの3連休、用事がありますので、
遠出できるのはこの2日だけだったんです。なので。
レポはまた、書きますね。移転先で。
(って、実はもう書いているんですが・・・)


いよいよブログ人ともお別れです。
今日、移転のための作業として、
移転先のブログを整備していました。
あとは、こちらに総括の記事を書いて移転です。

一年間、ブログをやってみて良く分かったのは、
自分の器量というものです。
実は、このブログのアクセスって、
最初は順調に伸びて行ったんですが、
途中から殆ど横ばいなんです。
もちろん、日によって、
話題とか、人気サイトからのアクセスなどによって
変動はありますけど、
大まかに見れば、そんなに変わってないんです。
(もっとも、年明け前からアクセス解析を外したので、
 その後のアクセスは分からないんですけど・・・)
多分、話題なんかは移り変わっていますから、
読者もそれなりには入れ替わってると思います、けど、
数としては、マックスはこの程度なんだなって。

それで思ったのは、
「これが自分の『器』って事なんだろうな」
って。

こんな事を書くのは何なんですが、
私、自分のブログの内容については自信を持っています。
だけど、
「私」という人間に関しては、自信ないんですよねぇ・・・
私が考えている意見とか思想なんかは
多くの人に知ってもらいたいと思うんですけども、
私という人間自身は、多くの人に見られちゃ困るな、
見てもらうような代物ではないなって思う。
だってねぇ、
器、小さいですもん。全然、器量がない。
許容範囲も狭いし、人間としての度量もない。
ケツの穴小さい人間ですしね。
感情のコントロールも上手くできない。
なんか、
もし、このブログを読んで私の事を「良い人」だなんて
勘違いしている人が居たなら、
それははっきりと「誤解だ」と申し上げたい。
と言いますのは・・・

私がブログを立ち上げる時に
(というか、本当は、その少し前にHPを立ち上げる際)
いくつか自分自身にルールを課したんです。
その1つは
・自分自身の「精神の調子が悪い」時はブログをやらない
というものです。
自分の精神状態が悪い時に、何か発信しても
経験上ロクな事はないのですよね。
自分の中で処理すべき、自分の鬱憤をぶちまけてしまったり、
とにかく、受け手に意味のない不快感を
起こさせてしまいがちなんです。
そうすると
ちゃんと伝えたい事も伝わらなくなってしまうと思うから。
(たまに「感情」をぶちまけてるように見える時もあります
 けど、それは一応ちゃんと考えて
 「一旦フィルターを通した」感情にしていますよ。
 「表現して意味のある感情」を出すようにしていますし。)
なので、
ちゃんとコントロールできない時は、
ブログをしないしコメントも控えるようにしています。
たまにコメントの返事が遅れる時は、
精神状態が優れないから、という理由の場合もあるんです。
ブログは見ていても
「ゴメンナサイ、今、ちょっと返事できる精神状況じゃない」
って感じで。
そうやって
「自分の欠点や弱点」を出さないようにして、
ブログをやっているから、だと思うんです。
(そう、だから、騙されてるんですよ(苦笑)
 モニターにもの凄い悪態ついてる時もありますから・・・)

でも、
そうやっていても、「その人間の器量」ってのは、
やっぱり、どこかしこかに現れるものなんでしょうね。
多分、今のアクセス数ってのが、
私の「器量」を表しているんでしょう。
いや、その時々に取り上げる話題とか、
ブログの「調子」とかで増減はあるでしょうけど、
マックスってのは、だいたいこれくらいなんだなって・・・

もちろん、
このブログにも、もっともっと改善点はあると思う。
だけど、
それよりも、多くの人に自分の考えを伝えようと思うなら、
まずは、私という人間が、
もっと成長する必要が、あるんじゃないかって・・・
それが、
ブログにも現れて、もっと多くの人に
私の言葉が届くようになるんじゃないかって考えています。
(それにね、
 自分の器量にないくらいにアクセスがあっても、
 自分が苦労するだけだろうって事も思いますし・・・)

私が考えている意見とか考え方とかは、
本当に多くの人に知ってもらいたいし、
多くの人に知ってもらう意味があるって自信だって、ある。
「人気ブログ」にだって内容では負けてないと思うし、
社会にも意味あるものだって自負もある。
でも、
それをちゃんと伝えるためには、
もっともっと頑張らなきゃねって・・・
私のブログを熱心に観て下さる方には
過剰にこのブログに期待して下さる方も
結構居てくださるんですが、
本当に申し訳ないんですが、今の私では力不足みたいです。
多分、期待して下さる方たちは、
私のブログの「内容」を良いと思って下さるんでしょう、
(そして、それは確かに私は自信を持っています)
だけど、
それを伝えるって意味では、
私は全然、力不足です。
そこは本当に、ゴメンナサイって。

でも。
人間って、成長するものだって思うし、
変わる事ができるんだって思う。
もちろん、
そんな簡単には人間って変わらない、変われないですよ。
でも、
本当に変わりたいって思うなら、そして、そう努力するなら
いくつになっても変わる事は出来るって思う。
(それに、これでも私も
 昔に比べれば随分と「成長」はしてると思う。
 昔は酷かった・・・)

そして。
人間にとって
「成長」し、「進化」する事にしか
希望なんてないと思う。
だってね、人間って、こんなにも愚かで未熟な存在ですもん。
世の中には、クソみたいな事も多いし、ね。
でも、
いつまでも、このままじゃないんだって事、
成長する事ができる、進化する事ができる
そう思わないと、
未来に希望なんて見れないじゃないかって・・・

そのためには、
まず、自分が変わらないと
自分がもっと、大きな人間にならないとね。

私がこのブログでは、
他罰的な風潮に対する違和感ってのを何度も訴えてきました。
「他人どうこうよりも、まずは自分がどうするか、だろう」
ってね。
でも、私にこんな事を言う「資格」があったのかどうか・・・
って事が、最近もありましたしね。
だから、もっと自分が頑張ろうって。


なんか、読んでる人にとっては、
意味不明な記事だったかもしれませんが、
とりあえずの「総括」として
私自身にとっては書かないといけない内容でした。
あと2本、ここに記事を書きます。


posted by めたか at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援いたしております。

オレだって屁みたいな人間で
それを自覚しているからこそ
七転八倒しているわけですし。

たとえ屁でも、その七転八倒振りを見せ付けることで、
他人にとっての反面教師となることもあるかも知れぬ、
なんてことを思い、書いている部分もあります。

屁の言うことなど「話1000分の1」くらいで聞くのが
相当だと思われます。

そんなことを書いた後で言うのも変ですが
お互い頑張りましょう、という気持ちをお伝えしたいと思います。
Posted by marcms at 2005年05月03日 13:28
どうもありがとうございます。

結局の所、立派な事を書いていても
その著者は実際どうなのかって事に
ひっかかる人が、私含めて多いって事なのかなって思います。
その事に、ちゃんと向き合っていこう、と思うのと同時に、
それはもう言いっこ無しでしょうって思いもあるんです。

なんか、返答になっていないかもしれませんが(苦笑)
でも、至らない人間の言葉でも、
誰かにとっては意味のある事かもしれない
とにかくそれを信じて、頑張っていこう
と言うか
「お互い、頑張りましょう」ですね。
Posted by めたか at 2005年05月03日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック